ロードマップ

二輪車産業政策
目指す姿、ロードマップ

「二輪車産業政策ロードマップ」では、グローバル市場においては「持続的成長」を、国内市場においては「復活・復権」をテーマとし、それぞれ市場毎の政策課題を整理し、課題解決のための実行施策として取りまとめています。 実行施策の展開にあたって、グローバル市場対策は、日本自動車工業会・日本自動車部品工業会が政府及び政府関係機関・国内外の団体(通商・投資・知財・交通安全関連)と課題を共有し問題解決を図っていきます。 また国内市場対策は、すべてのBLF参加メンバーにて取り組みをおこなっていきます。

グローバル市場

将来もジャパンブランドが世界の二輪車産業をリードし、世界各国の生活向上や産業発展に貢献し、日本の国益に寄与し続けている
(世界のバイクの2台に1台はJapan BRAND)

持続的成長
持続的成長

国内市場

二輪車利用環境が改善され、様々なニーズを充足するモビリティーとして社会の中で評価され活用されており、市場の復活・復権が果たされる
(2020年目標 : 国内販売100万台)

復活・復権 ※復活:数量拡大 復権:社会認知の向上
持続的成長
  • 9つの政策課題

  • 1.個社で努力
    自ら実行
    2.業界と協働
    全員参加
    3.行政の支援
    官民一体
    • 1.新興国:通商産業政策への取り組み
    • 2.新興国:知的財産権の保護
    • 3.交通安全への取り組み
    • 4.国際基準調和の推進
    • 5.安全・安心な二輪車の醸成
    • 6.社会との共生実現
    • 7.社会基盤の整備
    • 8.免許制度の見直し
    • 9.快適・楽しさの訴求
  • ゴールイメージを設定し、
    行動計画の道筋を作る

二輪車業界が一致団結し、交通安全及びマナー向上の取り組みをおこなうことで交通事故の削減を図ります。
また二輪車が実用や趣味の利用以外にも、災害時等での活用が拡大するよう環境を整え、より一層社会との共生を実現していきます。
さらには、多くの若者に二輪車の快適さ・楽しさを体験・認知頂くことで、新規層の拡大を図ってまいります。
一方、二輪車の特性を発揮させるためには、利用環境などの社会基盤整備をする必要があります。
駐車場整備、二輪車の通行帯確保、小型限定普通二輪(125cc)免許の取得簡便化や二輪免許区分の見直し、高速道路料金適正化など、政府及び地方自治体へ理解促進を図り要望の実現に向けて活動を進めてまいります。

国内の課題を5つのテーマ、
14課題に分けて取り組む

テーマ1
安全・安心な二輪車の醸成

テーマ2
社会との共生実現

テーマ3
社会基盤の整備

テーマ4
免許制度の見直し

テーマ5
快適、楽しさの訴求